シンセキュア 製品情報 ご購入 会社概要 お問い合わせ

AutoDaily

USBKeeper

AntiPhishing

SecureVM
製品情報
価格
必要な理由
必要なシステム
ダウンロード


SecureVM は、電子メールソフトやブラウザがコンテンツを実行する挙動をリアルタイム分析し、システムクリティカルな動作を制限し、ウイルスやスパイウエア等の進入を遮断します。
インターネット・セキュリティは、複数の技術を組み合わせて、実施することで、その効果を発揮します。
現在のセキュリティ技術は、進入検知(IDS)、ファイアウォール、ウイルス対策の3層を主に実施することが多いのですが、新種ウイルスの被害や、バックドアによる情報漏洩は後を絶えません。
そこで「第四のセキュリティ」、SecureVM の振る舞い監視で、より安全にインターネットがお楽しみ頂けます。

・設定

監視したいアプリケーションのアイコンをランチャーへドラッグ アンド ドロップします。
SecureVM は、ランチャーから起動したアプリケーションを監視します。

・SecureVM

ブラウザやメールソフト等、インターネットに接続するプログラムの動作を監視してください。
監視対象から実行した「プログラムの動作」も含めて監視しますので、メールソフトや、ブラウザから見知らぬファイルを ついうっかり実行しても、ウイルスの特徴的な行動(システム改ざんや、他のマシンへの感染)は、SecureVM がブロックします。
ウイルスの90%は、メールから感染すると言われています。 残りは Web や、P2Pファイル交換ソフトが挙げられます。
SecureVM からの起動が、確認済みのアプリケーションは、こちら をご覧ください。

不正プログラムの進入経路を的確にガードすることで、高いセキュリティ・レベルを維持しながら、無駄なスキャンを抑えて、マシンの処理速度を最大限に使用できます。


ダウンロードページへ
ご注意:Windows95/98/Me には対応しておりません。詳細はこちらをご参照ください。

■主な機能

・動作監視によるウイルス検出
現在のコンピュータウイルス検出方法は、パターンマッチングが主流です。
パターンマッチングは、ウイルスの特徴的な部分をパターンファイルに登録します。
ファイルをスキャンして、パターンファイルに登録されているかどうかで、ウイルスを 検出します。
パターンマッチングは、登録しているウイルスしか、検出できないため、 常に最新のパターンファイルが必要です。つまり、パターン更新費用が発生します。
また、システムに常駐して、ファイルをスキャンするため、CPUに負荷を掛けます。

SecureVM は、プログラム実行時の振る舞い検出(Behavior Detection)を採用した最先端のセキュリティ製品です。
ウイルス、スパイウエアに限らず、あなたの知らないところで、システムに進入しようとする、あらゆるプログラムを検出します。

・SecureVM の利点
1. SecureVM は、パターンファイルの更新が必要ありません。
2. コンピュータウイルス以外、スパイウエア等、システムに進入するプログラムを検出できます。
3. SecureVM は、コンピュータに常駐する必要がありません。
4. メモリや、CPUの使用を極力、抑えます。
5. ウイルススキャンしませんので、マシンの性能を落とすことがありません。
6. インターネット通信速度も落としません。

プログラムの振る舞いを監視し、ウイルスに似た挙動を停止することができます。


■ 強力なレポート機能
ウイルスがシステム常駐に使用するレジストリや、常駐プログラムの一覧を弊社まで簡単に送信することができます。
専門スタッフが解析し、迅速かつ的確に未知ウイルスを除去できる手法をご案内することができるようになりました。


■ プログラム、及び検出ルールの自動更新機能
SecureVM 起動時に、自動的に弊社製品サーバーにアクセスし、最新版を検索します。
最新版があれば、インターネット経由で簡単にバージョンアップできます。
バージョンアップにシステムの再起動は、必要ありません。

■ システムファイル保護機能
Windowsの重要なシステムファイルが削除されると、正常に起動できなくなります。
システムを破壊するのはウイルスだけではなく、例えば、ハードディスクを破棄する際に使用するデータを消去する商用ソフトがあり、悪意ある第三者が、あなたに巧みな言葉を使って、これら合法的にデータを消去するプログラムを実行させようとすることを考えてみましょう。
実行してしまった場合、その被害は甚大です。
合法的にデータを消去する商用プログラムは、アンチウイルスでは検出しません。
SecureVM の振る舞い監視なら、システムファイルの削除や、改ざんからシステムを保護することができます。

■ 未知マクロウイルスの脅威からシステムを保護する「マクロ・ウイルス・シールド技術」
Office製品の起動直後、Officeが使用するグローバルテンプレートのスナップショットを作成します。
グローバルテンプレートは、WORDやEXCELが起動する毎に実行されるモジュールで、
テンプレートがウイルス感染すると新しく開いた別の文章まで次々と感染を広げます。
SecureVMでは、グローバルテンプレートの変更を監視し、元のクリーンな状態に回復する機能が搭載されています。


■ ランチャー機能
プログラム・ランチャ「SecureLaunch」から起動したプログラムの振る舞い監視が可能です。
また、SecureLaunch 以外のランチャをプラグインとして使用することもできます。 → 詳細

■ 動作ログ表示
プロセスの振る舞いを表示します。
表示アイテムを右クリックし、オンラインで情報を検索することができます。
動作ログはテキストファイルの他に、XMLファイルに変換しブラウザから分析・表示することもできます。


■ プロセス一覧
お使いのコンピュータで実行されているプログラム(プロセス)一覧を表示します。
稼動中プロセスのアイコン、会社名、製品情報等が 表示されますので、これら情報がない不正プログラムの発見がしやすくなります。
また、プログラムのプロパティを参照したり、プログラム名から関連する情報をオンラインで検索することができます。
自分自身を発見・停止できないようにWindowsタスクマネージャを禁止するウイルスが存在します。
「プロセス終了」は、サービスとして常駐したウイルスも停止できます。



■ 共有チェック
PCの共有フォルダを表示します。詳しくは こちら をご覧ください。