シンセキュア 製品情報 ご購入 会社概要 お問い合わせ

AutoDaily

USBKeeper

AntiPhishing

DesktopView

製品情報
FAQ
ダウンロード

SecureVM

OFFICE SHIELD
DesktopView
DesktopView は、Windows端末の稼動状況を収集管理し、ビジネスアプリケーションの使用状況を分析、業務の最適化を支援するとともに社内情報漏えいを抑止します。
万一の情報漏えい後の原因調査や、フォレンジックとして有効です。
製品カタログ
desktop_view1.pdf desktop_view2.pdf


導入メリット
1. 端末の稼動状況を集中管理して情報漏えいの抑止力をプラス
2. ソフトウエアの稼動を監視して不正ソフト使用を防止
J20009 HOWTO: [DesktopView] Share(シャレ)対策方法
J20008 HOWTO: [DesktopView] Winny(ウィニー)対策方法
J20000 HOWTO: [DesktopView] WinMX 対策方法
J20001 HOWTO: [DesktopView] SoftEther 対策方法
3. ビジネスアプリケーションの使用状況を分析し業務の最適化を支援(ソフトウエアメータリング)


DesktopView Web管理コンソール

管理クライアントのリスト表示

DesktopViewは、フォアグラウンドタスク(入力フォーカスを持つプログラム) と画像を紐付けして管理しており、個人、あるいは会社全体でどんなアプリ ケーションがどの位の割合で使用されているのかが把握できます。

アプリケーションの使用状況の分析表示

アプリケーション使用者一覧
画像データは専用サーバーにアーカイブされており、管理者がブラウザから参照 できます。 例えば遠隔地にあるWindowsマシンでどのような作業がいつ行われたのかも見ることができます。
画像は操作中のみ取得され古い画像から削除されます。
クライアント1台あたりのディスク容量を設定でき(初期値では1台あたり2GB)デスクトップ画像約4万枚が保存可能です。
時間毎の取得画像数をグラフ化する機能もあり、どのパソコンがいつ、どのように使用され たかが追跡できるようになっています。
業務時間内の使用者のプライベートを守るため、ネットワーク負荷を軽減するために、画像を取得しない時間帯を設定できます。例えば 9:00〜18:00 まで画像は取得しない設定が可能です。


端末の使用状況(24時間表示)

プログラム配信
プログラムやURLなどをクライアントに配信し実行するオブジェクト配信機能や、ゲームやファイル交換ソフトなどの実行を禁止することができます。

また、弊社USBKeeperによるUSB記憶装置の制限状況をモニタすることができます。

*USB記憶装置を使用を禁止するには別途USBKeeperが必要です。
*既にUSBKeeperを御導入のお客様は、DesktopViewにより各端末の制御状況を モニタすることができます。

■対応OS
サーバー Windows Vista
Windows2000 Professional/Server/Advanced Server
WindowsXP Home/Professional
WindowsServer2003

CPU Intel Pentium II 450 MHz以上のプロセッサ
推奨 HT テクノロジ Intel Pentium 4 プロセッサ
メモリ 512MB以上
ハードディスク 最低100MB以上の空き容量
*ただし、クライアント画像保存容量は別途必要となります。
ディスク容量の計算
クライアント50台 1台あたり 2GB の画像データを保存する場合
50 x 2GB = 100GB の 110% 110GB 以上の余裕を持ったハードディスクをご 用意ください。

ディスプレイ解像度 800x600以上を表示できるモニタ
クライアント Windows Vista
Windows2000 Professional/Server/Advanced Server
WindowsXP Home/Professional
WindowsServer2003
Intel Pentium II 233 MHz以上のプロセッサ
メモリ 128MB以上
ハードディスク 200MB以上の空き容量

■価格
価格は10ライセンス 5万円 から、クライアントの台数によりライセンスはカ ウントします。専用サーバーのライセンスを含むためサーバーライセンスの 別途購入は必要ありません。

*上記価格は消費税別です。表示価格は1年間のサポートサービス料金、および記載されているライセンス数あたりの使用許諾料金です。なお2年目以降も、バージョンアップ等のサポートサービス継続をご希望の場合は、1年毎に契約の更新が必要です。契約更新料は、更新発注時に提示されている新規標準価格の50%となります。

FAQ
ダウンロードページへ
DesktopView 操作マニュアル


Copyright(c) 2010 SynSecure Inc. All rights reserved.
記載された会社名・商品名は、各社の商標もしくは登録商標です。